WordPressとは?1行で分かりやすく解説+知っておくべき知識3選

 

今回の記事は「WordPressとはなんなのか」、全く無知な方でも理解できるように解説したいと思います。

 

  • 簡単にブログが作れるんだって?WordPressとは一体なんなんだ。
  • ホームページ制作会社が「WordPressで作ります。」って言ってたけど、つまりWordPressとは?

 

という方に向けて書いていきます。

 

WordPressとは:1行で解説

WordPressとはなんなのか、一言で表した結論は以下の通りです。

 

知識ゼロでも、自分で更新・管理できるブログ機能付きホームページが作れる無料ツール

 

ハイパーざっくり言うとこうなります。

知識の豊富な方にはツッコまれるかも知れませんが、WordPressに対する第一印象はこれで十分です。

なぜWordPressを使うのか

「WordPress以外にもアメブロはてなブログみたいにブログ更新ができるサービスあるじゃん。」

 

と思った方、その通りです。

 

ではそんな中、なぜWordPressが使われるのか?

WordPressを使うメリットは様々ありますが、一番の理由は「自由なデザインができる」という点にあります。アメブロやはてなブログはデザインが固定されているため、綺麗なホームページのような見た目にはできません。ですが通常のホームページにブログ機能を付けようと思うと、がっつりプログラムを組み込んでデータベースを構築して〜という作業が必要になります。

 

そのため、企業サイトや飲食店のホームページにブログ機能を付けたいなら、自由なデザイン設計かつユーザーが更新・管理ができ、費用も抑えられるWordPressを使いましょうね〜となるのです。

 

このように、制作業者ではなくユーザー(あなた)が更新・管理できるシステムをCMS(コンテンツマネジメントシステム)と言います。

CMSはWordPress以外にもありますが、圧倒的シェアを誇るのがWordPressです。

WordPressとは:知っておくべき知識3選

ざっくりとWordPressとはなんなのか理解したところで、ここからはもう少し掘り下げて、WordPressを使用する上で知っておきたい知識を3つだけご紹介します。

テーマ

WordPressには「テーマ」と呼ばれる、世界中のクリエイターが作成したデザインテンプレートがあります。無料のものから有料のもの、SEO対策に特化したものなど様々なテンプレート(テーマ)が存在します。このテーマを使うことで、知識ゼロの方でも簡単にブログ機能付きホームページを作成することができます。

 

LINEの見た目を着せ替えで変更できるのと同じようなイメージです。

 

しかしテンプレートはどこまでいってもテンプレート。

もちろん人と被る場合もあるため、それを避ける術が「オリジナルテーマの作成」です。

オリジナルテーマを作成することで、一見普通なホームページにブログ機能をプラスすることができます。

ですがオリジナルテーマを作成するとなると通常のホームページ制作スキル(=HTML)に加えて、より高度な技術(=PHP,MySQL)が必要となります。

 

プラグイン

ここまで、「WordPressとは簡単にブログシステムを組み込めるツール」だと散々書いてきましたが、実はブログシステムだけでなく様々な機能を付けることができます。

 

  • ネット予約システム
  • 会員システム
  • チャット・掲示板システム

 

例えば上記のような機能も簡単に組み込むことができます。

 

3つとも複雑そうなものばかりですが、これを簡単に実装することができるのが「プラグイン」と呼ばれるものです。プラグインとは、通常の機能に加え、更に便利な機能を利用することが出来るプログラムです。このプラグインも世界中の人たちが作ったものであり、インストール後にいくつかの設定をしてあげることで簡単に機能追加ことができます。

 

「iPhone(WordPress)に自撮り棒(プラグイン)を装着することでより良い写真が撮れる(機能が使える)イメージ」

 

という例えがおかしければご指摘ください。笑

 

また、上記3つのような大規模なプラグインだけでなく、サイトの高速化やSNSへの自動連携などの小規模なものまで様々なプラグインが存在します。

 

オープンソース

ここまで読んだ方の中にはこう思われた方もいるのではないでしょうか。

 

テーマプラグインがあるのは分かったけど、WordPressを提供する会社ではなく、なぜ世界中の人々が作れるの?」

 

それは、WordPressがオープンソースであるためです。

オープンソースはその名の通り、プログラムが公開されていることを意味します。

そのためWordPressを提供するAutomattic社以外の人間でも、テーマやプラグインを自由に作ることができるのです。

 

Twitterの「フォローチェックアプリ」はTwitter社以外の個人・法人が作っていますね。

あれはAPIと呼ばれるもので、オープンソースとは全く異なるのですが、「第三者が開発する」という点は同じです。

 

いずれにせよWordPressがオープンソースであるおかげで世界中のエンジニアが開発に参加することができ、変化の早いニーズに応えることが、WordPressのシェアに繋がっているということです。

 

テーマ制作を業者に頼むとお金はかかる

冒頭にも書いたようにWordPressは無料です。

しかしブログシステムの組み込みにはそれなりの難易度と手間がかかるため、制作会社に頼むとなると、10~25万円の費用がかかります。

 

これから個人ブログを作ろうと思っている方、制作会社に頼もうと思っている方など様々ですが、一から自分で勉強するのか、はたまたその時間を短縮するためにお金を払うのか。

 

自分の目的に合わせてしっかり

検討することが大切でしょう。

まとめ

最後にこの記事の要点をまとめます。

 

  • WordPressとは、知識ゼロでも、自分で更新・管理できるブログ機能付きホームページが作れる無料ツール
  • WordPressを使うことで莫大なブログシステム開発費を抑えられる
  • テーマというデザインテンプレートがめっちゃある
  • プラグインという拡張機能プログラムがめっちゃある
  • オープンソースなので誰でもテーマやプラグインを作れる
  • 外注するとそれなりに費用はかかる

 

ざっくりとですがWordPressとはなんなのか、理解いただけましたでしょうか。

世界中のWebサイトの約30%がWordPressで作られており、そのシェアの高さ故にネット上のWordPress情報もとても多いです。

 

これを機に勉強し始めるのも良し。Web制作会社にぼったくられないための知識を付けるのも良し。

 

皆さんのお役に立てればと思います!